トップページ> 基本 > 基本の基本

選択ワザまとめ

 便利な選択方法をざっとまとめておこうと思う。

基本編

選択部からループ状に選択(面・辺選択モードで有効) キーボードショートカット L


▲線を一か所以上選択し、Lキーを押す。

 面選択モードの場合は、連続させる方向を特定するため二か所以上選択する必要がある。


▲面を二か所以上選択して、Lキーを押す。

 

選択部からリング状(はしご状)に選択(辺選択モードで有効) キーボードショートカット K

 

選択部をつなげる(面・辺選択モードで有効) キーボードショートカット J

 

選択部を反転する (面・辺・点選択モードで有効) キーボードショートカット I


▲最初に選択した部分が非選択に、それ以外が選択状態になる

 

応用編

選択範囲を延長(面選択モードで有効) Ctrl+ドラッグ

 複数選択時にも、そのまま範囲を延長できる。

 選択しにくい形状の場合によく使うワザだ。

 

選択範囲をシフト(面選択モードで有効) Ctrl+Shift+ドラッグ

 格子状に並ぶポリゴンの場合に有効。ポリゴンの並びによっては、選択した範囲が「ゆがむ」こともある。使いどころは割と微妙。

 

選択範囲を非表示(面選択モードで有効) Ctrl+B

 これは、厳密には選択ワザではないが、「ループ選択」「リング状選択」は非表示部分で途切れるので、選択を途中で止めたいときなんかに有効。あとは、邪魔なポリゴンを一時的に非表示にすることで、奥まったところにあるポリゴンを選択しやすくなる。

 Ctrl+Shift+Bで、非表示面を再表示。

選択範囲を拡大または縮小(面・辺・点選択モードで有効) Shift+"+"で拡大、 Shift+"-"で縮小

 「ひし形」に拡大して行くので、そのままだと使いづらいかも知れない。以下の画像の左側のように選択しておいてから拡大すると、とてもうまく「選択が拡大」できる。ポリゴンの並びによって使えたり使えなかったりすると思う。

 「選択範囲を非表示」と合わせて使うのも有効。押しっぱなしで、まるでドミノを倒すように連続して拡大または縮小していくので、ポリゴンが連続していない箇所を選択するときに役立つ。

 また何か見つけたら追記することにして、今回はこのへんで覚書を終わる。

関連:


Hexagonは有機的な形状が得意なモデリングソフトです。DAZ STUDIOSecondLifeとの連携にも優れています。
トップページ> 基本 > 基本の基本 もくじ