トップページ> チュートリアル > サッカーボール

サッカーボールチュートリアル その2

サッカーボールっぽい形状が出来たところから再開しよう。


▲サッカーボールっぽい形状

ポリゴンの向きをそろえる

■モデリングパレットから、「Utility」タブをクリックし、Orient normalsを選択

 Orient normalsとは、法線を操作するといったような意味。ポリゴンの面の裏表をそろえる機能だと思う。

■パラメータパレットから、Unify normalsを選択

 「Unify normals」は、四角い板から4本の矢印が出ているほうのアイコンだ。意味は、「法線を統一する」だと思う。

 パッと見ると何が変化したかわからないが、よーく見ると五角形ポリゴンの色が変わっている。裏返っていたポリゴンが表向きになったということなんだろう。


▲すべてのポリゴンが表向きになったようだ

ボールの溝を作る

■選択パレットから、Select edgesを選択

 これで、エッジ(線)を選択できるようになる。

■メインメニューから、Selection→Select allを選択するか、Ctrl+Aを押す

 全てのエッジが選択状態になる。

■モデリングパレットから、Vertex modelingタブをクリックし、Edge toolsをクリック

■ポップアップメニューが現れるので、一番上のアイコン「Edge tools」を選択

 なぞの四角形、三角形ふたつ、六角形が現れる。

■Extract Around(小さい六角形の部分)をドラッグして、ボールの「溝」を作る。


▲ドラッグ中。なんと表現すればいいのか、ボールの五角形・六角形の中に、ひとまわり小さい五角形・六角形ができる


▲こんな感じになったところで手を放す

■視点を操作して形状を拡大表示する

 視点操作は、ALT+左ドラッグで回転、ALT+右ドラッグで平行移動、ホイールマウスで拡大縮小だ。拡大縮小は、テンキーの「.」「3」でも操作できる。

■マニピュレータ(赤青緑の矢印が集まったようなやつ)の中心にある、黄色の立方体をドラッグし、溝をへこませる

 へこませるのはほんの少しでいい。だんだんそれっぽくなってきた。(つづく)

関連:

次のサッカーボールチュートリアル その3へ

Hexagonは有機的な形状が得意なモデリングソフトです。DAZ STUDIOSecondLifeとの連携にも優れています。
トップページ> チュートリアル > サッカーボール もくじ