トップページ> チュートリアル > つぼ

つぼチュートリアル(底づくり)

今回は、Hexagonの二つめのチュートリアル、「つぼ」を作ってみたい。これだ。


▲つぼ

 なんだかふちもギザギザしていて、作るの難しそうな感じ。でも、Hexagonの機能を使えばわりと簡単にできるんだそうだ。本当だろうか。

 例によって、チュートリアルPDFのビデオを参考にやっていく。だが、どうも画面が違うような気がする。ビデオの画面は旧バージョンのHexagonじゃないんだろうか。仕方がないので、やや手探り気味で無理矢理進めよう。

 まずは、Hexagonを起動する。


▲起動直後の画面

 まずは、Z-X平面に円を描きたい。 

 画面の中央あたりで、ALTキーを押しながら、下方向にマウスをドラッグしてみよう。視点がぐりんと変わる。このとき、左下のX、Y、Zの軸がついてる小さいマークに注目。Z軸とY軸のところに白い四角形が表示されるまで視点を変えよう。視点を変えていると、この四角形がZ軸-X軸のところに表示されたり、Y軸-Z軸のところに表示されたりするはずだ。


▲ALT+マウスドラッグで視点を変更

 Z軸-X軸に白い四角形が出ていれば、Z-X平面で作業をする準備完了だ。この状態で円だの三角形だのを描けば、全てZ-X平面に描かれるようだ。


▲Z-X平面で作業をする準備が完了

 では、円を描こう。画面上部で、Lines→circle fron centerを選ぼう。円っぽいアイコンをクリックしっぱなしにすると、さらにアイコンがずらりと出てくるので一番上のやつを選択。円の描き方も色々あるようだが、今は無視だ。


▲一番上のやつを選ぶ

 画面の真ん中あたりを一回クリック。そこが円の中心になる。マウスカーソルを移動させて、もう一度クリックすると、円の大きさが決まる。


▲円を描く

 最後に「円を確定する」という手順が必要だ。画面右のProperties内のValidateボタンをクリック。


▲Validateボタンをクリック

 これで円が描けた。めでたしめでたしである。


▲円が描けた。

 次に、この円のフチをギザギザにする。これがちょっと面白い。

 Selection>Select '1 over n'を選択する。これは、「n個おきに点を選択する」というもののようだ。


▲Select '1 over n'

 すると、画面右の「Properties」が下の画像のように変わるので、赤丸の部分を「2」に変更する。赤丸部分をクリック後、キーボードから2を入力すればOKだ。その後、Validateをクリックして確定しよう。


▲赤丸部分に数値を入力

 これで、「二個につき一つ点を選択状態にする」ということになる。もっとわかりやすく言うと、一個おきに選択状態にするということになる。


▲一個おきに点が選択状態(青くなっている部分)になった

 次に、黄色い点をドラッグする。


▲星のような形状に

 選択された点だけがきゅうぅ、と移動して星のような形状になる。これは面白い。これでひとまず、つぼの底の形状ができあがったわけだ。

関連:

次のつぼチュートリアル(立体化)へ

Hexagonは有機的な形状が得意なモデリングソフトです。DAZ STUDIOSecondLifeとの連携にも優れています。
トップページ> チュートリアル > つぼ もくじ