トップページ> チュートリアル > 宇宙生物

宇宙生物チュートリアル(とりあえずの完成)

前回までで宇宙生物の胴体と頭が完成した。あとは、足を生やして全体を調整すればこのチュートリアルは終わりである。通常なら1時間ほどで終わるこのチュートリアル、私は何日もかかってしまった。

 まずは、前回までの完成図。不思議人魚のような形状が出来上がっている。


▲不思議人魚?

 では、足を生やしていこう。まずは、ALT+左マウスドラッグで視点をぐるりとまわして、不思議人魚のおなかが見えるようにする。

 そして、Select Pointsアイコンをクリックする。これで点を選択できるようになるので、下の画像の青い点を4つ、SHIFTキーを押しながらクリックする。SHIFTキーを押すのは複数の点や面を選択するためだ。


▲Select Pointsアイコン


▲青い点4つをクリックして選択する。

 そして、Sweep surfaceアイコンをクリックする。クリックした4点がにょきっと盛り上がる。いやー、楽しい。調整しやすいように、ALT+左マウスドラッグで視点を変えておこう。


▲もはやおなじみのSweep surfaceアイコン


▲足がにょきっ

 足は連続でクリックしていき、先っちょを太くしておこう。チュートリアルでそうなっているからである。


▲足の先っちょを太くした。あまり見栄えは変わらない。

 これでついに宇宙生物ができた!あとは、調整である。 調整は、面や辺・点を選んでからハンドルマーク(赤青緑の矢印マーク。マニピュレータ)をドラッグして行うようだが、特殊な操作があるようなので紹介してみたい。

 Soft Selectionを使って一定範囲をまとめて変形する

 まずは、Select Facesアイコンをクリック。これで面が選べるようになる。


▲Select faces

 そんでもって、宇宙生物の額の面を選択


▲宇宙生物の額を選択

 で、画面の右のほうを見てみよう。Propertiesのとこになにやらごちゃごちゃ出ているが、そこに「Soft selection」という項目があるはずだ。Soft selectionの右隣の四角をクリックしてチェックマークをつけよう。


▲Soft selection

 そうすると、さっき選択した「額」の頂点が赤くなる。


▲頂点が赤くなった。

 再度、画面右のPropertiesを見よう。さっきチェックを入れた場所の下に「Radius」という項目があり、右にツマミがあるだろう。このツマミを右方向にゆっくりドラッグしてみよう


▲Radiusのつまみ

 赤い点の範囲がぶわっと広がる。これはなんなんだというと、変形の範囲をあいまいに指定したというイメージだ。ハンドルをつまんで動かすと、明るい赤(選択面から近い)の点は強く変形し、暗い赤(選択面から遠い)の点はゆるやかに変形するということらしい。実際にやってみよう。


▲赤い点がぶわっと増える。選択面から遠い点は暗い赤、近い点は明るい赤になっている

 緑の矢印の横にちょろっと出ている線をドラッグしてみよう。選択面の角度を変える操作である。先ほど指定した「Radius」の値にもよるが、私の場合は頭全体がぐにぃっと曲がった。


▲頭がぐにぃっ

 ちなみに、Radiusの値が小さい状態で同じ操作をするとこんな結果になる。


▲額の部分だけがぐにぃっ

 チュートリアルでは、このあと、さらに色々調整するようだが、あまり同じことばかりやってると飽きてくるのでこのへんにして、宇宙生物チュートリアルを終わる。


▲とりあえず完成ということにした

関連:


Hexagonは有機的な形状が得意なモデリングソフトです。DAZ STUDIOSecondLifeとの連携にも優れています。
トップページ> チュートリアル > 宇宙生物 もくじ